【フルリニューアルMatrix新しいカーディオ製品】その11 パフォーマンス トレッドミルのフレーム

2020年夏に発売される新しいカーディオシリーズの紹介を過去10回に分けて紹介してきました。

その1 概要

その2 コンソールとフレームの組み合わせ

その3 コンソール-タッチ/タッチXL

その4 コンソール-プレミアムLED

その5 コンソール – LED

その6 コンソール – グループトレーニング

その7 コネクテッドソリューション – アセットマネジメント

その8 コネクテッドソリューション – ワークアウト・トラッキング・ネットワーク

その9 コネクテッドソリューション – パーソナル・トレーナー・ポータル

その10 パフォーマンス・プラス トレッドミルのフレーム

前回はスラットベルト付きトレッドミルを紹介しましたが、今回は同じパフォーマンスシリーズのもう1つのトレッドミルについて紹介します。

 

耐久性に優れたフレーム部品 

レイアウト変更や掃除のときにトレッドミルを移動させることがありますがその際にぶつけるなど、エンドキャップの破損したり、傷がつくことがあります。

耐久性に優れた新しいアルミニウムエンドキャップを採用することで、破損や傷への耐久性が増しました。

何年間もの間、トレッドミルをきれいに、新しく見える状態を保ちやすくなりました。 

同じコンセプトで、フレームの一部であるサイドレールも改良しました。

サイドレールはスタッフの方による掃除時や納品、メンテナンス時など、とても傷つきやすい箇所でした。

ダメージからサイドレールを守るためにも耐久性に優れた素材にしました。

 

コードマネジメント

電源コードを綺麗にまとめられないという解決策として新しくコードマネジメントを採用しました。 

トレッドミルの前方コード類を巻き付けて収納できるスペースを確保し、きれいに整頓された状態を保ちやすくなりました。

収納スペースのカバーは工具不要で簡単に取り外せることができて手間がかかりません。 

新しいコードマネジメントにより、施設内の景観を良く保つことができ、コードが踏まれたり、すりきれたりすることも防止します。 

この機能はパフォーマンスシリーズだけでなく、エンデュランスシリーズにもあります。 

 

基本スペック

5.0Hpダイナミック・レスポンス・ドライブシステムを採用した強力なモーターを搭載 

最高速度24km/h傾斜は0~18%まで36段階で調節可能 

152 x 56 cmと広くて快適な走行面 

 

次回は

パフォーマンスシリーズのトレッドミル以外のフレームについて紹介します。

 

Contact/ お問い合わせ

修理、ご使用時等のアフターサポート

修理ご依頼フォーム 0120-557-379 受付時間:平日 午前9:00~午後5:00

シリアル番号をご用意いただくとスムーズです。確認方法はこちら

製品のご購入・お取扱いに関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム 0120-288-543 受付時間:平日 午前9:00~午後5:00

お問い合わせ前によくあるご質問もご確認ください。