コラム (業務用)

新規開業
ジム新規出店前の商圏調査(人口/世帯データ)方法と競合調査について

2023.12.8

この記事ではフィットネスクラブ・ジムの開業を検討している方に向けた商圏調査の方法とポイントをまとめています。
持続可能なビジネスにするには、事実に基づいた客観的なデータをもとに出店を決める必要があります。
人口データなどについては無料で出力が可能ですので、データ取得方法も含めて詳しく解説いたします。

フィットネスジムにおける商圏調査、競合調査の重要性

商圏調査の重要性:

ターゲット市場の特定:

商圏調査により、ジムが影響を与える可能性のある地域や顧客層を特定できます。人口構成やライフスタイルなどのデータを分析し、最適なターゲット市場を見つけることが重要です。

需要の把握:

商圏調査は、ジムやフィットネスクラブの需要を正確に把握する手段です。地域の住民がどれだけフィットネスに興味を持っているか、健康志向がどれほど高いかを調査し、需要予測に基づいた施策を立てることができます。

立地条件の評価:

商圏調査は、ジムの立地条件を評価するのに役立ちます。アクセスのしやすさや周辺の商業エリアの賑わいを考慮し、ジムの場所を戦略的に選定することが可能です。

競合調査の重要性:

差別化戦略の構築:

競合調査は、他のジムやフィットネス施設が提供しているサービスやプログラムを理解する手段です。これにより、自分のジムが差別化された価値を提供できるような戦略を構築することが可能です。

マーケットポジショニング:

競合調査を通じて、競合他社と比較して自分のジムの特徴や優位性を把握できます。これにより、マーケット上でのポジショニングを確立し、競争優位性を獲得できます。

顧客獲得戦略の最適化:

競合他社がどのような顧客獲得戦略を採用しているかを知ることで、より効果的なマーケティング戦略を策定できます。競合を把握することで、自社のプロモーションや広告を最適化し、顧客を引き寄せやすくなります。

j-STAT(無料)を使った人口データ調査

市場分析はジム開業の基盤となります。分析については様々なツールがありますが
その中でも、j-STATは国が無料で提供している統計データツールの一つであり、市場を理解するための有力な手段となります。

jSTATによるデータ出力の一部

以下でデータ出力方法を記載いたしますので是非お試しください。

弊社では商圏調査のサポートもしておりますので是非ご検討ください。
※あくまでもデータのご提供とアドバイザリーとなります。

【無料】商圏調査データ提供

j-STATへのアクセス

まず初めに、j-statの公式ウェブサイトにアクセスし、アカウントを作成します。

▼アカウント作成ページ▼
ユーザ登録 | 政府統計の総合窓口 (e-stat.go.jp)

メールアドレスを入力し、案内に従ってアカウントを作成します。
アカウント作成後は以下ログインページより、作成したアカウントの情報を入力しログインします。

▼ログインページ▼
ログイン | 政府統計の総合窓口 (e-stat.go.jp)
ログインするとトップページに遷移しますので、地図の項目を選択。

引用:https://www.e-stat.go.jp/

統計地理情報システムのぺージに移動しますので
「地図で見る統計(jSTAT MAP)」を選択します。

引用:https://www.e-stat.go.jp/gis

問題なくログインができていればj-STATのツールの画面に移動します。

リッチデータ(商圏データ)の出力

ツール画面に移動したら画面右下の「統計地図作成」をクリックし
「レポート作成」→「リッチレポート」を選択します。

作成条件の指定画面が表示されますので必要に応じて選択をし「次へ」をクリック
※エリア選択は円・到達圏を選択/調査年次は最新データを選択

次へをクリックすると画面左側にリッチレポート作成画面が表示されます。

この段階で、調査をしたい起点となる住所をクリックすると、赤いピンが立ちます。
ピンを立てた状態でそれぞれの項目を入力し、右下の「リッチレポートを作成する」をクリックするとデータが出力されます。(Excel)

エリアについて

エリア指定方法は2種類存在しています。
・半径指定
 指定地点を中心に半径距離を指定し、調査します。
 あくまでも半径を前提としているので、地形などを考慮していない円となります。
・到達圏
 指定地点を中心に、車or徒歩で〇分で到達できるかをもとに調査します。
 以下画像のように、地形や状況を考慮した範囲を指定できます。

クラブの出店予定地に合った数値で調査をする必要がありますので、ご不明な方は是非ご依頼ください。
また、地方に出店する場合は特に利用交通手段なども参照する必要がありますので以下データを参照ください。
国勢調査 令和2年国勢調査 従業地・通学地による人口・就業状態等集計/利用交通手段

【無料】商圏調査データ提供

その他必要情報について

上記にてご説明した人口/世帯データのほかに地域データとしては

・年収特性
・消費支出特性
・昼夜間人口
・沿線データ
・検索エンジンでの地域別検索データ
・利用交通手段の傾向データ(国勢調査 令和2年国勢調査 従業地・通学地による人口・就業状態等集計/利用交通手段)

などのデータがあると、より適切な判断ができるようになります。
また、上記のような地域データ以外にも「競合調査」なども必ず必要になってきます。

競合フィットネスクラブ調査

地域データの調査と一緒に、出店予定地域の競合クラブの調査も必要となってきます。
自社が提供できる価値がどのようなものか、競合のフィットネスクラブとどのように差別化をしていくのか考えましょう。

差別化ポイントを見つけるためにはExcelやスプレッドシートに各競合の特徴やマーケティング施策などをまとめて洗い出し、自社の強みを作っていきましょう。

以下のような調査シートを無料で配布していますので、ぜひご利用ください。

ダウンロードはこちら

他社のアクセス数分析などにつきましては別途ツール(無料)を使用する必要がありますので、ご不明な点などございましたら上記フォームよりご連絡ください。

まとめ

商圏調査と競合調査は、フィットネスジムの開業や新規出店において事業計画の基盤となる情報です。これらの調査を通じて、最適なターゲット市場の特定、需要の正確な把握、差別化戦略の構築、競争優位性の確立などが可能となり、事業の成功に向けた堅固な基盤を築くことができます。
ぜひ弊社の調査シートや、無料の人口/世帯調査を事業成長に活かしていただけますと幸いです。

NEXT【ジム開業】小規模ジムを開業する方法を5つのステップで解説 |【無料テンプレあり】