コラム

【マトリックス】走るだけではない最先端のトレッドミルが、ランニングマシンとして初めてグッドデザイン賞受賞!

マトリックス「S-ドライブ・パフォーマンス・トレーナー」は、1台で様々なトレーニングが出来る革新的な自走式トレッドミルです。

S-drivePT_G-mark
今回グッドデザイン賞を受賞したマトリックス「S-ドライブ・パフォーマンス・トレーナー」は2016年4月にリリース以来、すでに世界で2,500台以上を販売しました。業務用マトリックスを始め、複数のフィットネスマシンブランドを手がけるジョンソンヘルステック社の日本法人・ジョンソンヘルステックジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:安永誠司)はグッドデザイン賞の受賞を記念し、10月1日から1か月限定で「S-ドライブ・パフォーマンス・トレーナー」の半額キャンペーンを実施します。(キャンペーン詳細はページ最後に記載)

S-ドライブ・パフォーマンス・トレーナー

S-ドライブ・パフォーマンス・トレーナー製品ページ
http://www.matrixfitness.jp/product/?id=gtsd

「S-ドライブ・パフォーマンス・トレーナー」で可能なトレーニング

ステップトレーニング

step_training
取り外し可能な安全ベルトにより、高い安定性を実現。
正しいフォームをキープしながら、縦・横・後ろなど様々なステップトレーニングが可能です。
Step_training

 

パラシュートトレーニング
parachute_training
速く走るほど大きな抵抗がかかる「パラシュートブレーキ」と安全ベルトにより、実際にパラシュートがなくても瞬発力や持久力といった能力を改善するトレーニングが可能です。パラシュートブレーキ


スレッドプッシュトレーニング
sled_push
速度に関わらず一定の負荷がかる「スレッドブレーキ」。
バーを持つことで、下半身の強化に用いられるそり押しに近い姿勢になり、広いグラウンドがなくてもスレッドプッシュトレーニングが可能です。
スレッドブレーキ


マンツーマントレーニング
1to1_training

トラックがない限られたスペースでも、実際の走りに近いスピードトレーニングが可能。
コーチはアスリートのすぐ隣で直接フィートバックを与え、効率的にフォームの指導をすることができます。
パーソナルトレーニング


坂道ウォーキング
Walking machine
自走式のため自分のスピードで走行可能。
長いハンドレールにより、お年寄りやリハビリ中の方も安心して使用できます。
ハンドレール

背景
世界的に人気のグループトレーニング

アメリカスポーツ医学会(ACSM)が発表した2016年度のトレーニングのトレンドによると「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」や「ファンクショナルフィットネス」、「グループパーソナルトレー ニング」、「サーキットトレーニング」等上位に並び、今後日本での展開・拡大も期待されています。
group_training
「S-ドライブ・パフォーマンス・トレーナー」は広いトラックや専用スレッド(そり)がなくても様々なトレーニングができる、新しいソリューションを提供します。小さなパーソナルジムから、大型スポーツクラブのサーキットエリアまであらゆる施設に対応し、グループトレーニングを多くの方に身近に体感いただけます。

動画【S-ドライブ・パフォーマンス・トレーナー|Matrix Fitness】


製品ページはこちら