代表挨拶

代表挨拶

Message from Managing Director代表挨拶

代表挨拶

個が輝き、会社が輝く、自走集団をめざして

当社は、フィトネスマシンのメーカー・サプライヤーであるジョンソンヘルステック社の日本法人として2004年に設立されました。
グループのビジョンである「人々の健康に貢献する」を日本で実現することが、当社のミッションです。
日本は世界一位の長寿国ですが、健康寿命は平均寿命より約10年短く、少子高齢化が進む中、この健康寿命をいかに伸ばすか、社会的に問われています。そういった背景から、日本のフィットネス業界の役割も年々重要性を増しています。
このフィットネス業界に携わる当社自身が、先ず健康であり続ける事、そしてお客様との信頼関係を更に深め、パートナーとして共に成長できるように、当社の事業基盤を構築しきました。
当社の経営方針に「個が輝き、会社が輝く、自走集団」を掲げ、追求しています。これは、社員一人一人が日々の仕事を通して成長し続けること、それによって会社も成長し、真の意味での自走集団に成長することです。そのための基本姿勢として、下記の3つのキーワードを社員と共有しています。

代表

代表取締役社長 安永誠司

ジョンソンヘルステックジャパン3つの基本姿勢

  • Sincerity (誠実性)

    尊敬と信頼を得るため、自分に正直で且つ周囲に対し誠実であること。

  • Expertise (専門性)

    能力や効率性を向上させるため、継続的なトレーニング及び生涯学習に取り組むこと。

  • Initiative (自発性)

    グループの目標達成に向けて、ポジティブ思考を維持し、積極的に行動すること。

これらは、当社の企業文化として根付いてきています。
マーケティング、商品開発、製造、販売、保守サービス。これはメーカーとしてのビジネスプロセスでありサプライチェーンですが、グループを挙げて各プロセスの強化に努めてきました。 世界規模でのグローバル化が進行する中で、逆にローカル化の重要性も顕在化しています。
当社は、グローバル化の良さとローカル化の良さを両立させ、日本のお客様のニーズに、そして日本社会のニーズにしっかり応えられるよう、今後も更なる成長を追求していきます。