業務用ストレングスマシン/メンテナンス

【プログラム紹介】スプリント8

【スプリント8】

マトリックスが提供するプログラムです。20分間のカーディオ運動を週に3回、8週間。

 

【すごいところ】

このプログラムは注目度の高いHIIT(高強度インターバルトレーニング)の一種で、高強度の運動(ダッシュ)と休憩を挟みながら行うことにより脂肪燃焼効果を高めます。

朝行うと一日中、体が脂肪燃焼モードになり普通に生活していてもより多くのカロリーが消費できます。

 

【すぐできる】

20分の間にウォーミングアップとクールダウンも含まれているため実際にダッシュするのは8回だけで間に1分30秒の休憩が入ります。1回のダッシュが30秒なので一回のセッションでダッシュするのは合計4分です。

更に1週間に行うセッションは3回なので1週間で行うダッシュはたったの12分です。

 

 

【想像以上に簡単】

こうして計算してみるとジャンピングスクワットやバービーなど行うHIITに比べたら簡単そうですね。

ダッシュなんて子どものころ以来やっていないし、8回もできるか自信がない・・・と心配している方、安心してください。

スプリント8はダッシュする速度と傾斜を自分で変えられます。

セットアップ時にデフォルトかカスタムが選べて、デフォルトだと初級、中級、上級、エリートまで20種類(それぞれ5種類)から選べます。

 

参考までにどんな速度と傾斜かをトレッドミルでご紹介すると

初級の一番簡単なレベル

ダッシュ:傾斜3% 速度5.1km/時

休憩:傾斜0% 速度2.4km/時

 

エリートの一番難しいレベル

ダッシュ:傾斜6% 速度16.1km/時

休憩:傾斜1% 速度4.8km/時

 

エリートレベルになると休憩も早歩き+傾斜有です。

カスタムする場合はダッシュの回数が選べます(最大で8回)。

それぞれのフィットネスレベルに合わせて調節できるのでどなたでもできます、デフォルトを選んでもセッションの最中に速度や傾斜を変えられます。

 

【対応機種】

マトリックス業務用

コンソール 7xi/7xe/5x ※ただし、クライミルとステッパー以外

マトリックス家庭用

T70/TF30/E50/U50/R50  ※コンソールはXIR、XR両方対応

 

 

【名前の由来】

もうお分かりだと思いますが、このプログラムの名前「スプリント8」はダッシュのスプリントと一つのセッションで8回ダッシュすることから付けられました。

短時間で運動セッションが完了し、結果を出します。

 

 

【開発者】

開発したのはPhil Campbellさん。

元陸上選手であったCambellさんは空手や重量挙げも得意です。スポーツ医学の資格を持ち、たくさんのアスリートをサポートしてきました。

また20年以上にわたる病院勤務の経験があることから、健康と科学の関係性を基にスプリント8を開発しました。

 

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。

運動したいけど時間がない・・・何から始めていいのかわからない・・・

マトリックスのカーディオマシンならこのスプリント8で短時間で完了します。しかも科学に基づいているので結果も期待できます。

実際に使用したアメリカのマトリックス社員は8週間でコレストロール値が下がりました。

次は日本にいる社員にやってもらおうと思います!結果をお楽しみに!

【新商品紹介】Matrixストレングス Ultra v2

Matrix最上位のストレングスマシン、アルトラシリーズ全19種類がフルリニューアル!

耐久性と快適性が大いに向上し、より使用感が心地よくなりました。

 

オプションで付けられるインテリジェント・トレーニング・コンソールがあれば運動ログの保存やビデオ再生も可能。

インテリジェント・トレーニング・コンソールには標準搭載されているRFIDでログイン。

※リストバンドは別売です。

鉄の塊だった筋トレマシンもテクノロジーの進化でここまでできるようになりました。

コンソールは10.1インチのタッチスクリーンで操作も簡単。

IMG_5970

さらにユーザーの目的に応じて、NSCA監修のメソッドに基づくカスタムトレーニングメニューが自動で作成されます。

どんなメニューか具体的に説明しますと・・・

・16~25のオリジナルメニュー

・8~12週間の段階メニュー

・「筋持久力」「ビルドアップ」「ストレングス」

などなどできることはたくさんあります。

またカスタムできるので様々なフィットネスレベルの方にお使いいただけます。

 

実物は7/25-27開催のジョンソンブース案内2018で実際にお使いいただけます。

気になる方は是非ジョンソンブースへお立ち寄りください!

【ストレングスマシン(ウエイトスタック型)】長持ちの秘訣!お手入れ方法

ストレングス

ウエイトスタックタイプのストレングスマシン、日頃のメンテナンスはしていますか?

「引っ掛かる感じがしてスムーズに動かない」「ウエイトプレートがガタガタする・・・」などでお悩みの方いらっしゃると思います。
そういったことが起こらないよう、是非1週間に1度、ウエイトシャフト(ガイドロット)の注油を行ってください。
※マシンの仕様により違うものもありますので、詳しくは各メーカーにお問合せください。

この簡単な作業を週に1回行うだけで、
ワイヤーケーブルの寿命を飛躍的に延ばすことができます。

しっかりとお手入れをして共に強いからだ(本体)を維持していきましょう!

それでは大事な大事なストレングスマシンを長くお使いいただくために、
簡単お手入れ!ウエイトシャフトの洗浄&注油方法をご紹介します!


用意するもの

■推奨洗浄剤 パーツクリーナー・ブレーキクリーナーなどの速乾性溶剤(スプレー)
■推奨潤滑剤 『トリフロー』などに代表されるPTFE(フッ素樹脂・テフロン)配合の潤滑油(スプレー)
■ふきん
■ドライバー(カバーをはずすタイプのみ)
メンテナンス

 

《手順》

1.ウエイトスタック部分のカバーを外します。(カバーがあるタイプのみ)
ストレングス カバー
ストレングス カバーはずす

ストレングス カバー開ける
簡単に開きますね!

 

2.パーツクリーナー等の洗浄剤を使用して、シャフトの汚れを完全に拭取ってください。
ストレングス シャフトの汚れ
ストレングス シャフトの汚れ
上から下に滑らせるように。

ストレングス シャフトの汚れ
こんなに汚れがたまっています!

 

3.潤滑油を、シャフト全体にまんべんなく塗布してください。
潤滑油 トレーニングマシン
オイルがマシンに飛ぶことがあるため、後ろをふきんでガードします。


ウエイトシャフトとスリーブの隙間にも潤滑油を注入します。

4.潤滑油をふき取ります。
潤滑油 トレーニングマシン
しっかりふき取らないとオイルにホコリがつき、ウエイトシャフトとスリーブの隙間にたまってしまいます。

以上でウエイトスタック部分のメンテナンスは完了!
注油は週1回を目安に行いましょう。

 

本日のジョンソンスタッフ:カスタマーサポート部部長 谷ノ口昭太郎

IMG_6476

宮崎県生まれ。13歳よりトレーニングを始める。

大学卒業後、ティップネスに入社し24歳でパーソナルジムを設立。

その後はマシンのアフターサポート業務も受けたり、フィットネス科学の先にある医学を学ぶため宮崎大学医学部大学院にすすみ、フィットネス畑に澪置いている。

2015年「人材育成・業務改善・組織つくり」などを形にするべくジョンソンに入社。

お客様にマシンをご満足頂くため、日々最善のアフターサポートを提供している。