家庭用フィットネスマシン/メンテナンス

【メンテナンス/ルームランナー】ランニングデッキのシリコンオイル塗布

一般的な家庭用のルームランナーは、オイルにより潤滑しているため
定期的にランニングデッキにシリコンオイルを塗布する必要があります。
※マシンの仕様により違うものもありますので、詳しくは各メーカーにお問合せください。

オイル塗布しないと、ランニングベルトの寿命が短くなってしまうので、
しっかりとお手入れをして末永く人生を共に走っていきましょう!

それでは大事な大事なルームランナーを長くお使いいただくために、
簡単お手入れ!シリコンオイルの塗布方法をご紹介します!

 

用意するものシリコンオイル トレーニング

シリコンオイルスプレー

[おすすめ商品]
株式会社ルック トレーニングマシンオイル OIL-900
品番:L-017

※ジョンソンヘルステックジャパンでも販売しています。

 

 

〈使用手順〉

1.ランニングベルトの左端をめくりあげ、シリコンスプレーのノズルを奥まで差し込み、
 走行板の前から後ろまで、シリコンスプレーを塗布します(約5秒間程度)。ランニングマシン シリコンオイル



2.ランニングベルトの逆側も同様にシリコンスプレーを塗布します。ランニングマシン メンテナンス

 

3.ランニングベルトを元に戻します。
ランニングベルト オイル

 

4.ゆっくりした速度(時速3km程度)でベルトを駆動し、ベルトにシリコンをなじませて、完了!

ランニングベルト メンテナンス

 

液状タイプは半年に1回程度でOKですが、
スプレータイプの場合は、1〜2ヶ月(または40km走行)毎を目安に行いましょう!

 

ルームランナーのシリコンオイルの塗布は動画でもご確認いただけます!

 

【メンテナンス/ルームランナー】「LUBE BELT」と表示されたときの対処法

ホライズンのトレッドミル(ルームランナー)は、240km走行するごとに「LUBE BELT」とディスプレイに表示され、マシンがロックされます。※故障ではありません。ルームランナー メンテナンス
この表示は、ベルトのオイル塗布の時期をお知らせするもので、以下の操作でロック解除し引き続きお使いいただけます。
※ベルトはオイルにより潤滑しているため、オイル塗布をしないと故障の原因となります。

【解除法】
「スピードの+(プラス)ボタン」と「ストップボタン」を同時に5~7秒以上長押ししてください。※マシンによってボタン位置などが異なりますが対処法は同じです。
ルームランナー メンテナンス

 

数回「ピー」という音がなり、再度ご利用いただけます。

ルームランナー メンテナンス

【注意点】
・「ストップボタン」のみ押した場合もLUBE BELT表示は一時解除されますが、10㎞走行後、再度ロックされてしまいます。
・「ストップボタン」「+ボタン」両方を同時に押すことで、次回のLUBE BELT表示は240㎞走行後となります。

LUBE BELT表示の目的は、オイル塗布を始めとする定期チェックのお知らせです。
解除前には以下の5項目について、必ずチェックをお願い致します。
(特に5.については、マシン寿命に直接影響を及ぼしますので、確実に実施をお願い致します。)

【定期チェック】
①ランニングベルトが緩んでいないか
②ランニングベルトが走行面の中心を、真っ直ぐに走っているか
③ランニングデッキに破損、ガタつき、歪み等はないか
④ボルト等に破損、ガタつき、弛み等はないか
シリコンオイルの塗布
※問題がある場合は修理受付フォームよりご相談ください

【動画はこちらから】