家庭用フィットネスマシン/メンテナンス

ホライズン新インドアサイクルGR7

10月30日から販売開始するホライズンの新インドアサイクルGR7を紹介します!

HZ18_LIFESTYLE_GR male standing touching ipad_front-angle

ここ数年、サイクリングやトライアスロンの人気がどんどん高まってきています。

みなさんがサイクリングを始める理由はさまざまですが、中でもランニングに比べて関節への負担が少ない理由で始めた方は多いと思います。

そんな中、インドアサイクル専用のスタジオも増えてきました。

暗闇で音楽に合わせて運動できる楽しさと、グループでレッスンを受けることによってモチベーションを高めたりと好評です。

しかし、家の近くにインドアサイクル専用スタジオがなかったり、忙しくてレッスンのスケジュールと合わなくて通えないなどの理由で参加できない方もいます。

そこでホライズンはレースタイムの向上や、トライアスロンなどの大会に向けての追い込みが自宅で手軽にできるように、家でも本格的にトレーニングできるインドアサイクルを作りました。

HZ18_MDPROD_GR7 indoor cycle_male detail_profile_lores

 

 

【商品特徴】

1.専用アプリで景色や高強度トレーニングが楽しめる
お持ちのスマートフォンやタブレットとマシンをBluetooth経由で繋ぐことによって、専用アプリfitDisplay(無料)でのトレーニングが可能です。世界の実在する各所をサイクリングする「バーチャルアクティブ」や、話題の高強度インターバルトレーニング「スプリント8」など10種類のプログラムを楽しめます。

HZ18_MDPROD_GR7 indoor cycle w-ipad_male detail_touching screeen_lores

 

2.負荷レベルを数値化できるマグネット負荷
通常業務用の高級マシンに使われるマグネット負荷を採用、負荷レベル1~20で設定できるので、日々のトレーニングを細かく管理できます。摩擦負荷と異なりブレーキパッドの消耗もないのでメンテナンスも簡単です。
 HZ18_GR7 indoor cycle detail_console_lores

 

3.室内でも快適に使用できる静音性
ベルトドライブを採用することで、静かでスムーズな乗り心地を実現。ご自宅での激しいトレーニングでも、音や振動が気になりません。チェーンドライブのような回転音や油漏れの心配も無用です。

HZ18_GR7 indoor cycle_profile right_render_lores

 

4.ロードバイクの乗り心地を再現
シート、ペダル、ハンドルを結び付けるV字のフレームがリアルなロードサイクリングの感覚を提供します。一体型をなっているフレームは汗が溝に入りにくいのでメンテナンスも簡単にできます。

HZ18_LIFESTYLE_GR male riding bicycle on street_back angle

 

5.サイクルコンピューターによるコーチング
オプションのコンソールがあれば、アプリがなくても時間、距離、スピードの他、心拍数も表示(対応心拍計装着時)。またグローライドシステムによって3種類のライディングポジションをLEDライトでガイドしてくれます。

console1

console1

console1

 

 

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
サイクリングに興味はあるけどなかなか始めるきっかけが見つからず悩んでいる方、ご自宅でトレーニングしてみませんか。 ご質問などお気軽に弊社へお問い合わせください。 商品の詳細や販売店を紹介できます。

【プログラム紹介】スプリント8

【スプリント8】

マトリックスが提供するプログラムです。20分間のカーディオ運動を週に3回、8週間。

 

【すごいところ】

このプログラムは注目度の高いHIIT(高強度インターバルトレーニング)の一種で、高強度の運動(ダッシュ)と休憩を挟みながら行うことにより脂肪燃焼効果を高めます。

朝行うと一日中、体が脂肪燃焼モードになり普通に生活していてもより多くのカロリーが消費できます。

 

【すぐできる】

20分の間にウォーミングアップとクールダウンも含まれているため実際にダッシュするのは8回だけで間に1分30秒の休憩が入ります。1回のダッシュが30秒なので一回のセッションでダッシュするのは合計4分です。

更に1週間に行うセッションは3回なので1週間で行うダッシュはたったの12分です。

 

 

【想像以上に簡単】

こうして計算してみるとジャンピングスクワットやバービーなど行うHIITに比べたら簡単そうですね。

ダッシュなんて子どものころ以来やっていないし、8回もできるか自信がない・・・と心配している方、安心してください。

スプリント8はダッシュする速度と傾斜を自分で変えられます。

セットアップ時にデフォルトかカスタムが選べて、デフォルトだと初級、中級、上級、エリートまで20種類(それぞれ5種類)から選べます。

 

参考までにどんな速度と傾斜かをトレッドミルでご紹介すると

初級の一番簡単なレベル

ダッシュ:傾斜3% 速度5.1km/時

休憩:傾斜0% 速度2.4km/時

 

エリートの一番難しいレベル

ダッシュ:傾斜6% 速度16.1km/時

休憩:傾斜1% 速度4.8km/時

 

エリートレベルになると休憩も早歩き+傾斜有です。

カスタムする場合はダッシュの回数が選べます(最大で8回)。

それぞれのフィットネスレベルに合わせて調節できるのでどなたでもできます、デフォルトを選んでもセッションの最中に速度や傾斜を変えられます。

 

【対応機種】

マトリックス業務用

コンソール 7xi/7xe/5x ※ただし、クライミルとステッパー以外

マトリックス家庭用

T70/TF30/E50/U50/R50  ※コンソールはXIR、XR両方対応

 

 

【名前の由来】

もうお分かりだと思いますが、このプログラムの名前「スプリント8」はダッシュのスプリントと一つのセッションで8回ダッシュすることから付けられました。

短時間で運動セッションが完了し、結果を出します。

 

 

【開発者】

開発したのはPhil Campbellさん。

元陸上選手であったCambellさんは空手や重量挙げも得意です。スポーツ医学の資格を持ち、たくさんのアスリートをサポートしてきました。

また20年以上にわたる病院勤務の経験があることから、健康と科学の関係性を基にスプリント8を開発しました。

 

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。

運動したいけど時間がない・・・何から始めていいのかわからない・・・

マトリックスのカーディオマシンならこのスプリント8で短時間で完了します。しかも科学に基づいているので結果も期待できます。

実際に使用したアメリカのマトリックス社員は8週間でコレストロール値が下がりました。

次は日本にいる社員にやってもらおうと思います!結果をお楽しみに!

コラム更新【家庭用マトリックス】

みなさんは不思議に思ったことありませんか?

■トレッドミルの速度の変化とカロリーの消費値はなんで正比例しないのか。

■トレッドミルの傾斜角度を大きくした状態で速度を変化させたとき、カロリーの消費値の計算結果が奇妙な増減になるのはなぜ。

その理由は家庭用マトリックスのコラムで説明してあります。

 

お時間あるときに読んでみてください!

【展示】JAPAN BOAT SHOW 2018

3/8~11にパシフィコ横浜で開催されるJAPAN BOAT SHOW 2018に当社の商品が展示されます。

キャプチャ

家庭用ランニングマシン(TF30XIR)とバイク(U50XR)が伊勢丹メンズ様ブースにてご覧いただけます。

TF30-XIR

《ランニングマシン TF30-XIR》 

MXR16_U50-XR upright_hero

《バイク U50-XR》

 

他にも展示品ございますのでお時間ある方は是非お立ち寄りください!

 

詳細は下記URLからご覧いただけます。

www.marine-jbia.or.jp/boatshow2018/

【メンテナンス/ルームランナー】ランニングデッキのシリコンオイル塗布

一般的な家庭用のルームランナーは、オイルにより潤滑しているため
定期的にランニングデッキにシリコンオイルを塗布する必要があります。
※マシンの仕様により違うものもありますので、詳しくは各メーカーにお問合せください。

オイル塗布しないと、ランニングベルトの寿命が短くなってしまうので、
しっかりとお手入れをして末永く人生を共に走っていきましょう!

それでは大事な大事なルームランナーを長くお使いいただくために、
簡単お手入れ!シリコンオイルの塗布方法をご紹介します!

 

用意するものシリコンオイル トレーニング

シリコンオイルスプレー

[おすすめ商品]
株式会社ルック トレーニングマシンオイル OIL-900
品番:L-017

※ジョンソンヘルステックジャパンでも販売しています。

 

 

〈使用手順〉

1.ランニングベルトの左端をめくりあげ、シリコンスプレーのノズルを奥まで差し込み、
 走行板の前から後ろまで、シリコンスプレーを塗布します(約5秒間程度)。ランニングマシン シリコンオイル



2.ランニングベルトの逆側も同様にシリコンスプレーを塗布します。ランニングマシン メンテナンス

 

3.ランニングベルトを元に戻します。
ランニングベルト オイル

 

4.ゆっくりした速度(時速3km程度)でベルトを駆動し、ベルトにシリコンをなじませて、完了!

ランニングベルト メンテナンス

 

液状タイプは半年に1回程度でOKですが、
スプレータイプの場合は、1〜2ヶ月(または40km走行)毎を目安に行いましょう!

 

ルームランナーのシリコンオイルの塗布は動画でもご確認いただけます!

 

【メンテナンス/ルームランナー】「LUBE BELT」と表示されたときの対処法

ホライズンのトレッドミル(ルームランナー)は、240km走行するごとに「LUBE BELT」とディスプレイに表示され、マシンがロックされます。※故障ではありません。ルームランナー メンテナンス
この表示は、ベルトのオイル塗布の時期をお知らせするもので、以下の操作でロック解除し引き続きお使いいただけます。
※ベルトはオイルにより潤滑しているため、オイル塗布をしないと故障の原因となります。

【解除法】
「スピードの+(プラス)ボタン」と「ストップボタン」を同時に5~7秒以上長押ししてください。※マシンによってボタン位置などが異なりますが対処法は同じです。
ルームランナー メンテナンス

 

数回「ピー」という音がなり、再度ご利用いただけます。

ルームランナー メンテナンス

【注意点】
・「ストップボタン」のみ押した場合もLUBE BELT表示は一時解除されますが、10㎞走行後、再度ロックされてしまいます。
・「ストップボタン」「+ボタン」両方を同時に押すことで、次回のLUBE BELT表示は240㎞走行後となります。

LUBE BELT表示の目的は、オイル塗布を始めとする定期チェックのお知らせです。
解除前には以下の5項目について、必ずチェックをお願い致します。
(特に5.については、マシン寿命に直接影響を及ぼしますので、確実に実施をお願い致します。)

【定期チェック】
①ランニングベルトが緩んでいないか
②ランニングベルトが走行面の中心を、真っ直ぐに走っているか
③ランニングデッキに破損、ガタつき、歪み等はないか
④ボルト等に破損、ガタつき、弛み等はないか
シリコンオイルの塗布
※問題がある場合は修理受付フォームよりご相談ください

【動画はこちらから】